カードローン審査

カードローンは想像以上に使いやすかったです(審査も簡単)

銀行やコンビニのATMでお金を借りることが出来たのでカードローンは想像していた以上に便利でした。そして審査も簡単でした。

 

まるで自分のお金を引き出すようにお金を借りることが出来るのでATMからお金を借りられるのは本当に良かったです。

 

カードローンよりも便利に利用出来るお金の借り方は無いと思います。ATMなら身近なところにたくさんありますしお金を借りることが本当に簡単です。お金が必要な時にカードローンなら面倒なこともなく利用出来るので使いやすいです。

 

ATM以外でもネットを利用してお金を借りることが可能になっていますし自分にとって使いやすい方法でカードローンを利用することが出来るようになっています。本当に親切なサービスだなと感じていますしお金を借りやすいことはお金が無くて困っている人にすごくいいと思います。

 

カードローンの存在も広く知られるようになって来ていますしますます使い勝手が良くなることを期待しています。今でも十分使いやすいですが知名度が上がることでより使いやすくなるような気がしています。

 

 

 

 

・消費者金融のキャッシングに抵抗がありましたが

 

 

お金が急に入用になった時に役立つもの、最近では銀行カードローンとか、消費者金融のキャッシングとかが有名ですよね。そういう風にお金をどこかから借りるというのは抵抗がある、という方が少なくありませんが、一度勇気を出して利用してみるとなんら怖がる必要はない、という事が理解できるかと思います。

 

 

 

私も最初は間違った知識しか持っていなかったので、消費者金融からお金を借りるのは危険な事だと思っていました。そこで、できるだけ自分でなんとかしてお金を作ろうと思って無理しすぎなほどに働き詰めて、睡眠もほとんどとらない日が続き、結局体がおかしくなってしまったのです。

 

 

 

そこで、もう無理しすぎないでお金を借りたほうがいいと思い、安心できるイメージがある銀行カードローンを利用する事にしました。ですが、この時私はバイトでしか働いてなかったので結局利用することができず、消費者金融に頼るしかありませんでした。

 

 

 

怖いと思っていましたが、利用してみたら全然そんな事なくて、とても親切にしてもらえましたよ。

 

 

 

 

・キャッシングは借金をしているという感覚が小さいです

 

 

私はそもそも借金に対して否定的な立場を取ってきました。

 

私の両親が借金をしなかったからかもしれませんが、借金はするものではないという考えだったのです。

 

しかしそんな考えも独立するまでの話しだったのです。

 

親に金銭的に面倒を見てもらっていた時は、偉そうな事を言っていました。

 

ですがいざ自分で生活費を稼ぐ段階になったら、私の考えは甘いと言う事が分かったのです。

 

誰しも借金をしたくてしている人はいないと言えます。

 

お金と言うのは出て行くのは早いですが、入ってくるのはとても遅いものです。

 

そんなお金の性質を考えれば、借金をしないで済ませることは難しい事が直ぐに分かるのです。

 

なので私も今までの考えを撤回して、キャッシングで借金をする事にしました。

 

キャッシングは審査も簡単で融資も早いですから、借金をしているという感覚が小さいのが特長です。

 

その後私は何度もキャッシングのお世話になっています。

 

借金と言うのはやり方さえ間違えなければ、何の問題もないものだと考えなおしました。

 

プロミス審査

キャッシングでお金の問題を解決しています

お金の管理があまり上手とは言えないのでキャッシングでお金を借りてやり繰りしたりすることも結構あります。キャッシングを利用することに慣れたので気軽な気持ちでお金を借りて生活をしています。

 

お金を借りることに初めから頼りきっている訳ではないので借金をしてもそこまで気にしていません。お金が無いと生活をすることが出来ないのでキャッシングを利用してお金の問題を解決しています。

 

どうしてもお金が無い時だけキャッシングを利用するようにしています。これだけはちゃんと守るようにしてこれからもキャッシングを利用していきたいです。お金の管理がうまくなるようにもしたいですしキャッシングに頼り過ぎないようにすることも考えています。

 

もっと収入が増えればお金のことで悩まないと思うのですが今はお金が足りなくなることがあるのでキャッシングを利用して何とかお金のことに悩まないようにしたいです。ちゃんと生活が出来るように考えたいです。

消費者金融と銀行カードローンの違い

キャッシングと消費者金融は同じような意味合いで利用されています。
消費者金融と言うとどことなくお堅い感じがしますし、
とっつきにくいためにキャッシングという
キャッチャーな名前が付けられているのかと思われます。
銀行カードローンは、その名の通り銀行が
運営をしているカードローンサービスですので安心感があります。

 

どちらも利点がありますので自分の利用用途に合ったサービスを利用したいものです。
キャッシング、つまりは消費者金融はその融資速度、審査の緩さに定評があります。
即、お金が欲しいと思ったらその当日にお金を振り込んでもらえるサービスがあります。

 

また、アルバイトやパートといった低収入である人物でもお金を借り入れることができます。
銀行カードローンは、銀行が運営をしているだけあってややお堅いのですが、
その分とても安心感がありますし、金利がやや安い傾向にあります。
審査ですが、銀行カードローンのサービスによっては、
消費者金融のように低収入の人物であってもすんなりと通過をするケースがあります。

 

 

・金融機関の審査について早合点しない

 

 キャッシングや消費者金融や銀行カードローンでお金を借りるときには必ず審査がありますが、審査をされる前に審査が通過できるかどうかある程度予測ができます。

 

 

 

 たとえば、過去に債務整理をしたり、返済の遅延があったり、それ以外にも金融機関とトラブルがあったりなどすると、審査の通過はだいぶ厳しいものとなってしまいます。

 

 

 

 金融機関は信用のある人にしかお金を貸しませんので、やはり過去に問題があるとちょっと審査が厳しくなってしまうのは心得ておくべきです。

 

 

 

 ただ、だからと言って絶対に審査に通過しないのかというと、そうとも限らないケースがあります。やはり、金融機関としては融資することで商売が成立しているのですから、なるべく融資したいと考えています。

 

 

 

 ですから、たとえ自分では過去に金融機関とトラブルがあって「審査に通るのが厳しいのではないか」と思っていても、あきらめずに申し出てみることが大事です。

 

 

 

 審査は金融機関によってそれぞれ違いますので、早合点して諦める必要はまったくないのです。

まとまったお金が必要になったとき、キャッシングを利用しました

以前、支払いや友人の結婚式など、出費が重なってしまったときにキャッシングを利用したことがあります。
できるだけ早くまとまったお金が必要だったため、即日融資が受けられる業者を探しました。
また、なるべく金利が低く、月々の返済額が少なくて済むところを探すため、ネットの口コミサイトなどを参考にしました。
過去に1度だけキャッシングを利用したことはあったのですが、そのときは月々の返済がちょっと大変だったんですよね。
そのため、無理なく返済できる業者かどうかというのを、詳しく調べました。
あまり知らない業者だと不安があったので、できるだけ利用者の多い大手のキャッシング業者を選びました。

 

審査も無事通り、ネットですべての手続きを完了させることができ、その日のうちに現金を手にすることができて、本当に助かりました。
返済もスムーズに済ますことができたので、本当によかったと思っています。
またもし急にお金が必要になってしまったら、キャッシングに助けてもらいたいですね。

任意返済の落とし穴について

カードローンの返済は月々に決まった額を返済していくリボルビング払い方式が一般的です。
毎月無理なく返済していけるという利用者のメリットと、安定した融資の返済を受けつつ、それなりに金利収入を得られるというカードローン会社のメリットが合致したシステムだといえます。

 

これに加えて、余裕がある場合には任意返済という方法もあります。
これは月々の返済額にプラスして任意で返済を行うというものです。
早めに返済した分、金利負担が減るので、総支払額を減らすことができるというメリットがあります。

 

ただ、いくら早めに返したいとはいっても、無理に任意返済を行うと思わぬ落とし穴があります。
それは任意返済をした次の月も通常の返済は発生するということです。
無理に任意返済をした結果、生活が苦しくなり次の月の返済が滞ってしまうと、滞納したという記録が残ってしまいます。
任意返済をしているからといって、不問に付されるということはありません。
あくまで月々の返済をきちんと行うことをまず考えましょう。

 

 

・カードローンの返済中に死亡してしまった場合どうなるの?

 

人生何が起こるか分からないもので、カードローンの返済が完了しないままカードローン利用者が亡くなってしまうケースもたびたび見られます。

 

こうした場合、残ったカードローンの残高はどういった扱いになるのでしょうか。原則として、カードローンの残高は負債という扱いになるため、配偶者や子どもなどの相続人に相続されることになります。ただし、相続は負債だけでなくプラスの財産も引き継ぐことから、一般的には引き継いだ財産を一部処分してカードローンの負債部分と相殺するというケースが大半です。

 

しかし、中にはプラスの財産を持たず負債だけを抱えているというケースもあります。そうした場合には、相続してしまうと、相続人が負債の返済を行わなければなりません。こうした事態を避けるためには、相続が開始されてから3ヶ月以内に相続を放棄する旨を裁判所に届け出る必要があります。相続を放棄すれば、残ったカードローンの負債を引き継ぐ必要はありません。

 

このように負債は本人が死亡した後も親族等に付いて回るものですから、生前からしっかりと周囲に伝えておくことが大切です。

キャッシングがますます人気ですが

最近キャッシングがますます人気になっていますが、その理由の1つが無利息キャッシングを取り扱っている消費者金融が増えたせいだと思います。これは契約後30日の無利息というのが普通なんですが、そんなに長い間利息なしで借りれるなんてこと、昔は考えられないサービスでした。それが今では多くの業者がやっているんですから本当にびっくりです。

 

なので、利息に抵抗があってキャッシングを利用できないという人でも気軽に申し込む方が増えているようです。ですが、無利息期間が終わっても結局は長く使う人が多いのです。その理由は、思ったよりも利息が低いということです。昔の消費者金融の利息と比べるとなんと10%以上下がったという会社が多いですし、短期間の借り入れならばそれほど利息のことを気にしなくてもすむくらいになりました。

 

さらに、キャッシングというのは銀行からも多く取り扱われていますし、利息はさらに低いのが普通です。ただし審査基準が高めになりますからアルバイトのお客様には向いていません。

自己破産とキャッシング

一般的に自己破産をしてしまいますとキャッシングが利用できないと言われていますけど、実際は一定の期間利用できなくなるという事で、自己破産すれば一生キャッシングができないわけではないです。

 

自己破産は債務整理の中の1つですが、他に債務整理というと民事再生や任意整理などがあります。しかし、一番自己破産がキャッシングが利用できなくなる期間が長くなるというのも覚えておく必要があります。

 

自己破産をしてしまいますと7年から10年間キャッシングなどが利用できなくなりますが、基本的には10年利用できなくなると考えた方が良いです。
けっこう長い間利用できない状態ですので今までキャッシングやクレジットカードを利用してきた人にはかなり厳しい状態になる可能性があります。
ただ、その分借金がなくなりますのでその点を考えると自己破産というのは悪くないです。
ただし、自己破産の経歴が解消されてもその時に迷惑をかけた金融業者からは借りられない事が多いです。

進化していた消費者金融の仕組み

消費者金融でお金を借りる場合には、お店や無人契約機に行って申し込むのだと思っていました。でも最近はどんどん進化しているようです。なんとお家にいながらキャッシング出来てしまうのです。これはなかなか凄いと思いました。

 

友達がお金が急に必要になって消費者金融を利用したらしいのですが、パソコンを使ったと言うのです。私はてっきりカードの申し込みをして、届いてからキャッシングするんだなと思いました。ところが違ったのです。

 

なんと申し込んでから数時間でお金が自分の口座に振り込まれるのです。ビックリしましたね。最近の消費者金融はそこまで進化していたのです。カードはあとから届くそうで、先にお金を振り込んでもらうというシステムです。
私ももしお金が必要になったら、消費者金融を利用しようと思います。突然に必要になっても即日で借入れ出来るのですから、本当に心強いなと思います。とりあえず会社の住所など申し込みに必要なデータは常に携帯しておこうと思います。

 

 

・サラ金と消費者金融との因果関係

 

 

消費者金融は、現在から20年ぐらい前までにはサラ金と呼ばれていました。当時はサラリーマンを対象としたお客様が多くて、収入や雇用形態が現在よりも安定していたためにサラリーマンを対象とした消費者金融の印象が強かったからです。

 

サラリーマンは月収が今よりも一定水準以上である人が多く、現代に比較してサラリーマンの数が多かったので、消費者金融が高金利や借金の取り立てなどを行っていて、社会問題になったのです。従って、1980年に入ってから消費者金融に関する法律が改正されていって、出資法の上限を決めるなどの制限を加える事になったのです。またサラ金としてのイメージを良くするために、消費者金融という名称で呼び名をする事で良いイメージとして浸透していったのです。また、

 

消費者金融を利用する際に総量規制を設けたり、お金を借りたときに完済できるような仕組みを設けて、利用者が利用しやすい環境を国や消費者金融が作っていきました。

カードローンの利用に際しての注意事項

銀行系のカードローンは消費者金融のカードローンサービスに比べると、一般に審査は厳しくなる傾向にあると言われています。また信販系のカードローンは両者の中間程度の審査難易度と言われています。

 

この審査の難易度というのは、借入れの際の金利と反比例の関係にありますので、例えば銀行系のカードローンは審査の難易度が高い一方で、金利は低く設定される傾向にあるため、カードローンの利用を希望される方にとっては、まず銀行系からチャレンジしてみて、審査に通らない場合は、信販系、そして消費者金融系というように審査基準が緩く設定される業者に相談してみるというやり方が最もお得な方法と言えます。
また、借入れを行うカードローン枠については、その枠が小さければ小さいほど金利が高く設定される傾向があるということも覚えておいて損はないでしょう。

 

つまりは、その方の状況等によって、様々に金利を始めとした諸要因が変動していきますので、自分にとって、カードローンを利用しやすい環境がどういうものであるのか想像力を働かせて、最適な業者さんを選択していくようにすると良いでしょう。

銀行カードローンのメリットと注意点

銀行カードローンのメリットは、審査に一度通ることが出来ればいつでも利用することが出来るということです。
例えば、給料日前でどうしてもお金がない時などには、手軽に利用することができます。また、コンビニATMを利用することによって、24時間いつでも利用することができるのです。

 

融資の受け取りを行うことが出来るのはもちろんですが、他にも返済についてもコンビニATMで行うことが出来るのです。
ですが、一つだけ注意する必要があります。

 

それは、返済期限をきちんと守るということです。
銀行カードローンは返済をきちんと行うことによって、次も利用することができるようになっているのです。もしも返済期限を守ることができなければ、次から借り入れを行うことが出来る金額が下がってしまうことになるのです。なので、返済期限と言うのはきちんと守る必要があります。
コンビニATMを利用するのであれば、返済することが出来る時間も大幅に増えることが出来るので、おすすめです。

 

 

 

・どこから借りるのか決めておく

 

キャッシング会社の情報をどのくらい集めているでしょうか。キャッシングを利用する上で、そのキャッシング会社の情報を集めないことはどこかでもったいない思いをするかもしれません。それだけに、キャッシングを利用する前にどこから借りるのか、しっかりと考えておきましょう。

 

これはそんなに難しいことではありません。例えば、金利を中心に選んでいく、限度額を中心に選んでいくなどをしていれば、意外と直ぐに自分にとっての理想のキャッシングが見つかるはずです。

 

また、この作業をしているうちに、非常に多くのキャッシングを見つけることができるはずです。もしいくつかのキャッシング枠を作っておくのならば、その情報は次に繋がるのではないでしょうか。

 

どこから借りておくのか、しっかりと情報収集をしておきましょう。面倒だと感じても必ずしておくことをおすすめしますし、それだけ重要な行動でもあります。自分にあったキャッシングを見つけてみましょう。